製品保障対象外の具体例

ソケット

エアインパクトレンチで使用したと思われる4角ドライブエンドの角が丸くなり、めくれてしまったクロム・ソケット。クロム・ソケットををエアツールで使用すると、ドライブの4角穴の角が円形に変形していまいます。この種の使用下で見られる共通の破損事例としては、クロムメッキの被覆が剥がれ、外にめくれ上がったソケットエンド、ソケット端および側面の破損などが見られます。

ソケット
 

壁面のクリアランスを取るためにユーザにより外径の一部を研削されたクロム・ソケット。壁面の強度を低下させたことでソケットは割れてしまいました。

ソケット
 

ドライブ角が丸くなり、ドライブエンドの角がめくれているためエアーインパクトを使用した証拠があるクロム・ソケット。インパクトレンチでクロム・ソケットを使用する行為は危険であり、ユーザだけでなく近隣の作業者が負傷する可能性もあります。

ソケット
   

プライヤー・カッター

ジョウ部分が片方または両方とも曲がったり折れたりしてしまっているロングノーズプライヤー。

プライヤー・カッター
 

両方のジョウの先端が加熱されたバイスグリップ。金属を加熱したために起こる変色が認められます。

プライヤー・カッター
 

正常な使用であっても長期にわたる使用により磨り減ったカッター。磨耗したものは保障対象外です。

プライヤー・カッター
   

その他

ハンドルの端部をハンマーで叩き続けたためハンドルが割れて軸が露出してしまったプライバー。

その他
 

ユーザが溶かしてしまったクーラントテスター。落としたり踏み付けたりしたことなどによる損傷は保障対象外となります。

その他
 

エクステンション

この1/4"ドライブのロングエクステンションはプライバーとして誤用された結果曲がってしまったものです。

エクステンション
 

3/8"ドライブのオス側ドライブ角がねじれてしまったクロムメッキ仕上げのエクステンション。これはインパクトレンチを使用した時だけに起こることです。

エクステンション
   

レンチ

プライバー代わりに使用され、遂には折れてしまったメガネレンチ。レンチは明らかに破損した部分で曲がっています。

レンチ
 

本来想定されていない特殊な用途に使用するためにユーザによって2つのツールを溶接または加工されたレンチ。

レンチ
   

ドライバー

プライバー代わりに使用され、ハンドルが折れ曲がってしまったドライバー。

ドライバー
 

ハンドルの端部を叩き続けたため、軸が曲がってしまったドライバー。

ドライバー
 

想定されていない特殊な用途に使用するためにユーザによって曲げられたドライバー。

ドライバー
 

焼けて溶けていることから、車両のジャンプスタートに使用したと思われるドライバー。

ドライバー
   

その他ドライバに関する事例

先端部の折れや欠けでも、ねじ溝が触るはずのない根元部分から折れ・欠けているブレードは、サイズや種類が違うものを回したために起きたものとみなされます。

 

ねじ以外の固いもの(ベアリングレース等)を叩いたため先端がつぶれているものは、ポンチやタガネ代わりに使われたとみなされます。

 

グラインダーで削ってあるもの。